マーラーイヤー

今年はマーラー生誕150周年とのこと。
でも、毎年恒例のラ・フォル・ジュルネは
なぜか「ショパン」らしい _| ̄|○
(ショパンは生誕200年)

最近、たまにしか聴かないマーラーだが、
CD棚を整理してみたら12枚も出てきた。自分でもビックリ。

1番小沢(指揮)ボストンSO、アバド(指揮)シカゴSO、
   アバド(指揮)ベルリン・フィル、テンシュテット(指揮)シカゴSO
2番ジンマン(指揮)トーンハレ・オケ
3番なし
4番ショルティ(指揮)シカゴSO
5番インバル(指揮)フランクフルトRSO、ジンマン(指揮)トーンハレ・オケ
6番ブーレーズ(指揮)ウィーン・フィル
7番なし
8番ショルティ(指揮)シカゴSO
9番バーンスタイン(指揮)ベルリン・フィル
10番D・ハーディング(指揮)ウィーン・フィル

1番「巨人」が4枚もあるのに「3、7番なし」というのがちょっと哀しい。
でも、いつか機会があれば買ってみようと思う。

全曲ともアダージョやアンダンテ楽章が好き。
特に5番の有名なアダージェット、第6番3楽章アンダンテ、
未完の10番アダージョ。
それから、ジャン=リュック・ゴダール監督作品「ゴダールのマリア」で
少女がひとり踊るシーンで使われていた第9番終楽章のアダージョも
泣けてくる。このシーンがとても好きで、正月休みにリバイバル上映を
渋谷で観て来た。今年は苦手だったマーラーを追及してみたいと思う。
[PR]
by scanandyou | 2010-01-13 18:15 | 音楽与太話 | Comments(4)
Commented by afuroyan at 2010-01-14 21:24
今年はショパンですか。まぁマーラーは来年、没後100年ですから。
うちも3番と7番はアバド盤だけです。そのくせ「大地の歌」がクレンペラー盤でリマスター違いで3枚あったり、
クック版の10番が数種類あったりもします。マーラーは緩楽章と爆裂する楽章とのコントラストが好きです。
親父が好きだったので(今はオペレッタばかり)、子供の時から聴いていました。
Commented by scanandyou at 2010-01-15 13:01
マーラー好きなお父上とは、粋なお方ですね。
たしかに「静」と「動」のコントラストが強烈。
ですが、僕の場合は体力・気力が充実していないと
音楽からあふれ出す生々しい感情(不安、焦燥、嫉妬、恐怖、絶望etc)のうねりというか、
カオスというかそういうダイナミックなドラマ性に
なかなかついていけないんですね。少し疲れちゃうんです。
ですから、今年はそれに慣れるようにがんばってみるつもりです。
Commented by afuroyan at 2010-01-17 00:11
>少し疲れちゃうんです。
確かに毒にあてられると言うか、こってりドロドロについていけないときがあります。
そんな時はブルックナーかバッハに決っているので、最近は楽になりました。
Commented by scanandyou at 2010-01-17 07:10
>ブルックナーかバッハ~
よくわかります、その気持ち。
あと、平原綾香かなw。
<< しいたけ栽培 551 >>