赤坂氷川神社 2

末社、山口稲荷前には、狐ではなく古い狛犬さんがひっそりと鎮座していた。

f0063941_1682226.jpg


文政8年(1825)





f0063941_1610057.jpg


前回の狛犬さんと同じく、江戸期はほとんどが小型サイズ。
まだまだ狛犬自体が珍しい時代で、石工さんたちは限られた情報(図録、口伝)を元に
自分なりの自由な空想を取り入れつつ製作したのであろう。
当時は見たことも無い獅子(ライオン)と和犬を掛け合わせた
こんな風貌になったのではないだろうか。

f0063941_16151066.jpg


鬣(たてがみ)、尾の毛並みも流線型が素晴らしい。
[PR]
by scanandyou | 2011-10-06 18:30 | 狛犬 | Comments(0)
<< 赤坂氷川神社 3 赤坂氷川神社 1 >>